経験者、美奈子が教える登録しちゃダメ!悪質な出会いサイトの特徴とは?

美奈子が思うに出会い系サイトは、残念ながら優良サイトばかりではありません。
なかには、悪質な出会い系サイトも多いものです。

しかし、悪質な出会い系サイトは、どこかでサインが出ているものです。
ここでは、悪質な出会い系サイトの見分け方をご紹介します。

■悪質な出会い系サイトの見分け方(1)
悪質な出会い系サイトの特徴は、知名度がないことです。
新聞や雑誌、街頭項目で、まず目にしたことがありません。
「こんな出会い系サイト、見たことがないな」と思っているような出会い系サイトは、悪質なものが意外と多いです。
また、サイト名で検索してみて、ホームページが存在しないような出会い系サイトは登録しない方がいいでしょう。

■悪質な出会い系サイトの見分け方(2)
悪質な出会い系サイトは、「サクラ」「迷惑メール」に関する対策が載っていません。
迷惑メールを送って、不正請求を行っている出会い系サイトのホームページを見たことがありますが、「サクラ」「迷惑メール」「不正請求」に関する記述がありませんでした。

他の出会い系サイトは、「サクラは使っていません」「迷惑メールは一切送りません」という一文がありました。
ですので、何も対策について書いていない出会い系サイトは注意した方がいいと思います。

■悪質な出会い系サイトの見分け方(3)
悪質な出会い系サイトは、年齢認証が無いことが多いようです。
法律を順守している出会い系サイトの場合、18歳以上かどうかを示す「年齢認証」は必ず行います。
年齢認証は、管理者としての義務でもありますので、きちんと運営している出会い系サイトなら行うはずです。
年齢認証がない出会い系サイトは、法律そのものを軽視している傾向がありますから、あまり登録しない方がいいでしょう。
悪質な出会い系サイトで、女子高生と援助交際でもしてしまうと、処罰の対象になってしまうこともあります。

■悪質な出会い系サイトの見分け方(4)
悪質な出会い系サイトを見分けるには、完全無料の出会い系サイトは避けた方がいいでしょう。
今はLINEやFacebookがありますから、あえて無料の出会い系サイトを選ぶ必要がありません。

選ぶ人自体も少ないですから、完全無料の出会い系サイトは儲かりません。
結果、詐欺まがいの行為で儲けようとする出会い系サイトも多いのです。
最初は「完全無料」だと宣伝しておいて、後でお金を請求してくる業者もあります。

そもそも、男女とも無料では、どうやって運営資金を捻出しているのか?謎ですよね。
無料ということでお得に感じるかもしれませんが、あまり近寄らない方がいいと思います。

■悪質な出会い系サイトに出会ってしまったら?
まずは、すぐに退会することです。
金銭的な被害に遭ってしまったら、証拠のメール等を持って、都道府県にあるサイバー犯罪の窓口に相談してみましょう。
警察の相談員は慣れていますから、恥ずかしがらずに被害の内容を相談して構いません。
出会い系サイトによる犯罪は一般的にもよく知られているので、特に驚かれないと思います。
振り込んでしまった場合は、通帳を記帳し、持っていくといいと思います。

■安全な出会い系サイトに登録しましょう!
大手ポータルサイトが運営している出会い系サイトや、登録会員数が多い出会い系サイトは、安全です。
今はソーシャルネットワーキングサイト等で噂がすぐに広まってしまうので、悪質な出会い系サイトは運営が続けられないでしょう。

実際に悪質な出会い系サイトの情報が、Twitterで拡散され、事業停止になったことがあるようです。
ひとまず、数十万~数万人単位の登録者がいる出会い系サイトは、登録していいと思います。
ホームページ等で安全性に配慮されていることがうかがえる出会い系サイトもいいでしょう。

安全な出会い系サイトは女性にも人気があるので、女性と出会える確率も高まります。
女性との出会いを見つけるためにも、優良出会い系サイトを選びましょう。
最初にホームページを見て、情報を確認してから登録するといいと思います。